短期的に役立つ様なハウツー本のような内容ではなく、これからのビジネスマンの精神的な指針になる様なシリーズだと捉え、幅広い世代や職業の読者に末長く届けたいと考えました。淡いトーンを中心にシリーズを展開することを計画し、従来のビジネス書に見られる、反射的に煽る様なデザインからのバージョンアップを目指しています。
「組織のフラット化が進むにつれて、従来のような上意下達型のコミュニケーションが通じにくくなり、対話型コミュニケーションへの転換が求められています。
ただ、そこに信頼が醸成されなければ、単なる情報交換にもなりません。そこで必要とされるのが、「共感力」です。
もちろん、共感力は社内だけでなく、社外においても重要なスキルです。顧客とのコミュニケーション、マーケティング、商品開発などにおいても、いまや欠かせないものとなっています。」
Back to Top